忍者ブログ

田舎暮らし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

辛すぎた引越

久々に、ブログ更新というのに、いきなりネガティブ~
でも、実際に辛い引越だったから仕方ないよね。

12日から国内引越荷物の準備を開始した。
ただ、荷物の梱包をしていって、1箇所に送るならば、まだ簡単だったんだろうけど、
下記に分別しなければならなかった。

・破棄
 (粗大ゴミを取りに来てもらう→11,000円。燃えるゴミ、燃えないゴミを業者に持ち込む→5,000円)

・福岡(実家)行:クローゼット、大きな机、冷蔵庫、服、衣装ケース、靴、本、キッチン道具等
 単身パック2個分+家財宅急便(クローゼット&冷蔵庫&TV台)→62,000円位

京都(夫実家)行:スーツ、ベッド、靴、本等
 家財宅急便+段ボール7個+スーツケース→27,000円

・渡米時に持っていく荷物


こんなにも、世帯単位での引越しが大変だなんて、知らなかった。
1箇所に荷物すべてを送れば、まだ「らくらくパック」を申し込んで、業者に梱包やゴミ捨てを依頼する事もできたけれど、2箇所に分かれる為、却下。
その為、単身パック(梱包や、荷ほどきは自分でする)になった。
しかも、1回段ボールなどに入れてしまうと、出すのが困難だから、渡米荷物までパッキングしていく。

あまりにも要領が悪い私を見て、
夫「引っ越しは苦手なの?」と・・・・・・・

そーです。苦手でございます。ましてや、自分1人での引越しはした事あるからまだ勝手がわかるけど、2人になると、よくわかりません・・・・

全然、パッキングは思うように進んでいかず、あまりにも辛くて途中、涙が出たことも・・・
意外に大変だったのは、冷蔵庫内の掃除。調味料を破棄する事がこんなにもシンドイなんて・・・

連日32-34℃の中の作業は、本当にしんどい。水分補給は必須。
作業も進まない&暑さから、当然、2人共、機嫌が悪くなり、喧嘩になる事も・・・・
身体によくないよねぇ・・・・

いつも極限状態に陥ると、なぜか笑ってしまう私
今回は、日中だけならともかく、寝ている時さえも笑っていたらしい(←夫曰く)

教訓:引越しはらくらくパックに限る

次回、関東エリアで埼玉ー千葉等、引っ越す時は、必ずらくらくパックにする!!!と2人で決断。


15日
国内荷物を発送。ヤマトの作業の人たちには大変、お世話になった。
粗大ゴミ業者の、丸紅塵芥清掃の新屋さんも、電話での見積もり時よりも、ゴミが増えたのにもかかわらず、
見積代金の11,000円にまけてくれた。すごくいい人で、大感謝、感激

夜を過ごさないといけないので、マットだけとっておく。
枕も掛け布団も無し。
TVもなければ、電気もマンション備付の電気だけ。部屋にはマットだけが、ぽつーんとある状態。
まるでキャンプ生活


16日
朝、マット破棄の為、カナザワへ持ち込む。
今回、燃えるゴミ&燃えないゴミを持ち込んだのは、この業者。
5,000円もかかった。 最初から丸紅・・・さんにしておけば良かった、と後悔。

最終的な部屋の掃除。
ガソリンスタンドで、洗車&給油。
10時にマンション退去の立ち会い。
市内へ向かい、車を買ってくれる人の事務所へ・・・・
印鑑証明を渡し、手続きをし、お昼やお寿司やさんへ。K先生、ありがとうございます。
16時前の新幹線&在来線で、福岡へ。

18時過ぎに博多駅着。父が迎えにきてくれてた。
もう、フラフラ&ヘトヘトで、大変だったけど、なんとか乗り越えられて、心底、良かった


福岡へ帰ってからは、1年間、電気製品を使用しない為の準備&届いた引越荷物の整理。
冷蔵庫の扉を3日間開けて、乾燥させたり。あとはー、エアコンのフィルター掃除かな。
段ボールの服も一度、クローゼットに戻したので、シワは避けられたかな?

まだまだ手続き等も残っているけれど、なんとかあと6日で片付きますように・・・☆


PR

手続きして気付く事

海外発送が終わったので、各種手続きを実行中・・・
行ってみて初めて分かる事もチラホラ・・・・


・JALファミリークラブ申し込み
=海外在住の人の為の会員組織。いろんなサービスが受けられる。

7月に入ってすぐ申し込み、ビザコピー、パスポートコピーをFAXする。
今後は電話があり、本人確認をされる予定。

今日、渡米時に成田まで行く為に、国内線(福岡ー羽田)を予約しようとした所、ある事が判明
ファミリークラブを申し込んだ時点で、アメリカ会員になるらしく、日本会員のネット画面からは予約不可能に
仕方なくアメリカ会員のネット画面から入ると・・・な、なんと日本国内の航空券を、$建てで購入しなければならない、と判明
円高の今、これはシャレにならない、と思って、JALに問い合わせ。
 すると
 「まず一般のお客様と同様に予約をされて、搭乗券の半券を保管して頂き、後日、アメリカのJALに送付する事後登録でマイルが加算されます」と。
 そんな面倒な事はやってられないので、電話を切っていろいろと考えてみた。

 「そうだ!!電話で予約をして、当日に空港でマイルレコーダーで登録をすればいいんだ!」と気付く。

JALに確認をすると、やはりそのやり方でOKと判明
あとは、”電話予約をする際にお客様番号を言えば、それでマイル登録が可能”とも教えてくれた。

良かったぁ~
それにしても、渡航日をちゃんと入力してファミリークラブに入ったのに、申し込んだ時点で、既にアメリカ会員ってなんなのかしら・・・・。渡米1カ月前から入会可能、となっている以上、渡米後にアメリカ会員に切り替わるようにしてくれていたら有難いのにな。


・国外免許証を発行してもらう

これまた、例のごとく、はるばる鹿児島市内にて申請。なんと中心地から、車で30分以上行った所が申請場所(交通安全協会内)。
車がない人はどうするのかしら・・・・って車社会の鹿児島だったら問題ないかな あまりの遠さに驚く。
ちなみに比べてはいけないけれど、福岡は中心地から車で5分ちょっと位の警察署で申請する。
自治体によって、警察署だったり、交通安全協会だったり・・・不思議~
申請料金:2,650円

10年振りに取った国外免許は、新鮮な感じ~


マンション退去日まであと5日なので・・・

・粗大ごみの依頼をする

この町では、粗大ごみは自分で”清掃センター”に持ち込み。
これまた初めて~。都会ではたしか、粗大ごみ券@¥300を購入して電話後、市から委託された業者が取りに来てくれるはず。
でもココはどうも”軽トラックを持っている人が多い”という定義から、粗大ごみは持ち込みが原則となっているらしい。
勿論、軽トラックなんてないから、粗大ごみを引き取りに来て貰うように業者に依頼。
2社に見積もりをして貰い、少しだけ安い所に依頼。



引越しまであと少し。焦らずこつこつと片づけて行こっと

海外荷物、ついに発送


7日に、「10日に海外荷物を発送する!」と決断してからの約4日間、暑い中、なんとか段ボール9個を作り上げた。

洋服以外では・・・・ 

  • 掛け布団2枚+ブランケット2枚
  • 炊飯器
  • 変圧器
  • 小さな食器少々&どんぶり2個&キッチンツール少し
  • 室内物干しスタンド(これだけは何が何でも持って行きたかった)    等。


”新品”な物は課税対象となり、後でお金を支払う羽目になるので、コンタクトレンズは断念。
でも、1Dayだから、11カ月分ともなると、2×330日=660枚 となり、これを
渡航時の”受託荷物”として預けるのはシンドイなぁ。
でも、なんとか入れるしかしょうがない。

梱包するにあたって「必要最低限な物」にしたので、靴も2足だし、コートも2,3枚。
着たきりスズメでもオッケ~
圧縮袋を使用したりして、大人2名分の荷物をなんとか9個の中に入れ込んだ。

「単身パック」は、書類も全部、自分で作成しなければならず、これが意外に時間がかかる・・・

f40aa48d.jpeg























1番手間がかかった書類はコレ・・・

a459cd99.jpeg




























パッキングリスト!!
昔は「衣服」とか「食器」とかそういう大まかな表記で良かったと思うんだけど・・




衣装ケースの外側に1枚ひいたタオルまで書かなきゃいけないから、面倒。

ちなみにリストに無い物が含まれていたりすると、没収になるという噂。

これら段ボール9個の行方は・・・
ヤマトへ到着後、保険料の計算をしてくれて保険料を知らせてくれる
→私:保険料+単身プラン(113,000円)の合計金額を入金
→海外への輸送

書類の不備もなく無事に事が進みますように
b489f297.jpeg
 




















 

 

大変すぎる荷造り

海外引越し梱包初日、とりあえず段ボールを4個作り、入れてみた。(夫は東京出張中)
なんだか、下をむいてあれこれするからか、頭痛が・・・・
クーラーを入れて少しでも環境を良くして・・・と思ってしても、頭が痛い。
情けない

~梱包手順~
1.海外で使用する物   OR       日本に残す物    を決める。

2.        の中から、
  アメリカに船便で送る荷物(2カ月後にアメリカ着)  OR   渡米時に飛行機で一緒に運ぶ物  を決める。
  
  つまり渡米後2カ月もの間を賄えるだけの服、下着、コンタクトレンズ・・・その他諸々を飛行機で一緒に運ぶ

日本に残す物はとりあえず、殆どが福岡の実家へ送る。
これは3段の衣装ケースもそのままでいいから、まだ楽かも~。

掛け布団2枚と、ブランケット2枚はアメリカに送りたいから、そうなると、大段ボール2箱がこれに取られる事に
段ボール大5個、小4個しか送れない中、これはシンドイかも・・・・・

なんとか考えよう・・・・・最悪、軽い重量の分を国際郵便で郵便局から送る手もあるし。
皆、海外へ行く人は通る道なのよね・・・と自分に言い聞かせながら頑張るしかない

ビザ取得完了!!

やっと、やっと、やっと・・・・・・・

ビザ取得完了!!!!!!

7/1、有給に入った夫と一緒に大阪の米国領事館まで、ビザ面接を受けに行った。
鹿児島7:50発のフライトで、大阪伊丹空港へ。
空港からはバスで梅田に出る。そこから徒歩15分位で領事館へ着く。

11時の面接予約だったけど、10:15には着いてしまう。
警備の人?に予約時間の何分前から入館可能か確かめると

「この列に並んでお待ち下さい」と言われる。

どうやら大阪は混まないからか、なんなのか、時間キッチリで区切っていないみたい。
並んで5~10分で入館OK。
入り口前で食べ物&飲み物を、預かりBOXの中に入れる。(私達はガムを預ける)
入館すると、電子機器を預け(携帯電話&カメラ)、「VISA」と明記したバッジを胸につけるように指示される。
3Fへ行き、書類チェックを受ける為並ぶ。両替所みたいなカウンターがあって、窓口は5個位あった。
夫婦揃って書類を提出。スタッフの女性は、書類に目を通す前に、なぜか私の旧姓だけを訊ねてくる。
(DS-156には記載済)

何も問題なく、そのまま2Fの面接フロアーへ。
ここも、カウンター越しに立ったまま、面接を受ける。
分厚いガラスを挟んでだから、マイクがセットしてあった。
最初は日本語でスタート。その後すぐ、英語に変わる。
面接官からの質問は、彼がアメリカで研究する内容、現在の仕事内容、等。
どうやらその面接官は、鹿児島から大阪までビザ面接に来た人を今まで見た事がなかったらしく、
面接官は申請書に記載している「KAGOSHIMA」を「KANAGAWA」と勘違いして
「どうして大阪に来たの?」みたいな質問をしてくる・・・・

そんなこんなで、雰囲気はフレンドりー。私はその会話の内容を聞いて所々笑っているだけだった。
結局、私は何もしゃべらず。

あんなに心配していた、主婦湿疹による指紋採取不可能も、クリアー!!
(ここ2カ月位は湿疹が手の甲に移動して、指紋が出てきたから)

「金曜日にビザは届きます」

と言われ、領事館を出たのは10:45。
正味30分で終わった。あっという間だった。

事前準備を頑張ったからか、何も問題なく終われて良かった。
領事館の人は書類に完璧に目を通していない感じがした。
ポイントだけチェックされた感じなのかな?!

ビザは、7/3の夕方に届く。

でも、ビザ面接後に、彼の実家の京都に移動して、3泊してきたから、実際に受け取ったのは
7/5(Sun)だった。

中身を見て、パスポートナンバー&名前&期間をチェック。
ここまでドキドキ。ここで間違ってた、って話を聞いた事があるから。
相違がない事を確認して、やっと安心した~

という事で、ビザ取得すると・・・・

・航空券の発券(留学生用の1年オープン)
・海外へ荷物を発送

これらが可能に!!

という事で、完全にエンジンがかかってきた~!!!
今朝、ヤマトの海外引越単身パックミニマムコース用の梱包セットが届いたから
これから、荷物と本格的な格闘が始まる
3ceb0a3e.jpeg

























田舎へ引っ越すという事

 

留学が決まって以来、海外引越をどこに依頼するか、いろいろと調べていた。
まず自費留学だからお金をかけれないという点、1年弱の滞在だから荷物は最小限に抑えていくという点で、段ボール10箱位だろう、と見積もった。

となると、各会社が行っている
「フルパック」-梱包、荷ほどき、書類作成・・全て行ってくれる
ではなくて、
「単身パック」-梱包、荷ほどき、書類作成・・自ら行う
がいいだろう、という事で探す事にした。

そこでヤマトの「単身パック」が良心的と判断。
段ボール9個:75,000円(船便)。アメリカ中西部の為、1カ月~1カ月半ちょっとかかる。
そして4か月前に、ヤマト海外引越に問い合わせをして、引っ越す場所:Champaign(シャンペーン)がこの「単身パック」対応地域なのか、確認。
そしたら「大丈夫です!!シカゴのヤマトの支店から〇〇km以内なので単身パックをお申込みいただけます」とハッキリ言われた。

そして申し込む前に再度、訊ねたら、やっぱり75,000円でOKな地域だった。

そして昨日、張り切ってネットで申し込んだ

ヤマトからの回答メール
「単身プラン取扱地域外となっておりまして、追加料金を頂く形でご対応させて頂いております。
段ボール9個:113,000円でございます」

・・・・・・・・・・・・哀しすぎる・・・・・・・・・・

約4万円もの差額・・・・・・・・・

おそらく電話問い合わせした時は、同じ地名(シャンペーン)がシカゴ近くに存在していて、それを私が話しているシャンペーンの事と、思いこんで回答したと推測。
でも、断定はして欲しくなかった・・・・・・
「ZIPコード(〒番号)があれば、正確な回答ができますが・・・」と濁して貰っていたらなぁ~

シカゴだったら73,000円だったのに・・・・と思ってしまう
でも、他に単身プランはないみたいだし、ヤマトで決めるしかないかなぁ。
ここ4カ月、ずーっと、この値段でイケると思ってただけに、哀しい。

こうなったら海外保険でなんとか差額分の帳尻を合わせようっと。

教訓:いくら事前に何回も調べても、申し込んでみないと、本当の金額は分からない。

ビザ申請書ついに完成!!

他の人のブログを覗くと、7月に海外に行く人は皆、6/20ともなれば、既にビザ取得完了の場合が多い。
なのに・・・・私達はやっと、この時期にビザ申請に到達
ま、その分、万全に事前準備を行ってきたし、かなりネットで調べまくったので、知識はついた。

ビザ申請代行サービスに依頼すると、@2万円?3万円?ぐらいかかるらしい。
私1人で申請書を作成していくと、途中、しんどくなって、「いやだーーーー!!!」と叫びたくなる時が何回かあった。
だから2万円や3万円、代行サービスにかかるのは、ゴモットモといった気がする。
それぐらい大変
DS-156はオンライン申請書だから、タイピングしていけばいいけれど、他のDS-157、158は手書き。
(コンピュータによっては読み込んで、タイピング入力可能な場合もあるみたいだけど無理だった)
この用紙に書き込む時はちいさーーーーーい英字で書かないと、枠の中に入らない。
やっちゃん(夫)だったら絶対に不可能なぐらい小さな字で書き込み、なんとか枠内に収めた

2人分のビザ申請書(DS-156)を1時間ちょっとぐらいで作成した。
他の書類のDS-157、158 は前々から作成済だったし、必要書類(写真・残高証明)も準備済。
これで10枚以上の申請書類が揃った。

今日した事は、
・I-901(SEVIS)費:$180支払う(夫のみ必要な為)
・面接予約を入れる
・指示通りに順番にクリアファイルに入れていく
・申請料金(@$130)をPay-Easy(ペイジー)で支払う準備(お客様番号・確認番号の取得)

ペイジーというのは、各種料金をATMで支払うシステムの事。この領収書を、ビザ申請に添付しないといけない。

それにしても、こんなにもビザ取得って大変だったかな?!と思う。
1999年、カナダの学生ビザを取得したけれど、こんなにも面倒ではなかったと思う。
少なくとも、面接なんてなかった。
テロのせいだとは思うけれど、それにしても、現代は凄くヤヤコシイのね・・・

申請書に書く内容の中でうっとおしかったのは、今までの人生の中でアメリカを訪れた時期と期間、
在籍した学校の(中学校以降)事、働いた全ての会社(アルバイト含む)の事、
家族の名前全員とその連絡先、連絡が取れる親戚以外の友人2人の連絡先・・・・・・
こんなにいろいろと明記させて、果たしてちゃんと見るの?!って思うぐらい。

こんな思いまでして、渡米するのは、今回だけでいいかも・・・・・・(^▽^;)

面接場所は7/1、大阪をチョイス。大阪は空きが一杯あって良かった!!
朝1番のフライトで大阪へ向かう。そしてそのまま京都の彼の実家へ、留学前のご挨拶。

これで海外引越し日、渡米日、実家へ送る荷物を出す日、海外保険の加入・・・・・

と全てを決める事ができる o(*^▽^*)o~♪

ついに!!DS-2019到着

思い起こせば、4月下旬、まず大学からインビテーションレターが来た。
その時はまだ、こんなにもDS-2019発行に時間がかかるとは思わなかった(思いたくなかった)。

6/ 3:DS-2019の入力フォーム画面お知らせが来て、そこに個人情報を入力し、財政証明も提出。
6/12:やっと大学からDS-2019が完成したのでExpressメールで送りたい。住所確認したいとe-mailがあり、住所を知らせる。
6/16発送完了とのe-mail有

それから、毎日、UPSメールのHP上で、荷物が今どこにあるかを追いかけ続ける。
【DANVILLE→LOUISVILLE→ANCHORAGE→大阪→鹿児島】のルートで、今日19日、ヤマト運輸から届いた。

UPSのHP上では、大阪までの着いたという情報しかなかったし、Rescheduled Delivery の欄に、なんと、6/22となっていたので、
UPSのJAPANコールセンターに電話をし確認したら、ヤマトにもう引き継いで、本日着予定と回答を貰った。
ヤマトに問い合わせをすると、14時にはサービスセンター着予定、という事で、あとは1番に配達してもらった。
ヤマトはいつも丁寧で迅速な対応をしてくれるので、感謝

夢の中にも出てきた書類がこちら
df183af3.jpeg



























25abb482.jpeg


















今日は、今から市内で送別会を催してくれる事になっているので、明日にはビザ申請書完了して、面接予約をせねば・・・!!




今日の留学準備

(現地時間)16日、「DS-2019をUPSを使って発送した」とのメールが大学からあった。
UPSホームページで、時間の要約を検索してみた。
Expressメール(いちお、そう言っていた)でちゃんと送ってくれていたら、19日(Fri)着になるらしい。
うまい事、いきますように・・・☆
ちなみに、ビザ面接予約画面で確認したら、相変わらず東京の方が混んでいる。
大阪はゆとりが比較的あって、予約しやすい。
福岡は・・・・やっぱり7月は全く面接していないみたい(OR 2日/月 の予約が一杯?)

JALかANAのおともdeマイル(1人:1万マイルを使用。同行者は10,000~12,500円支払えば利用OK)を利用して行くしかないかな。
2人分の航空券をまともに払っていたら、やってられない

航空券といえば・・・7月以降発券する航空券は、燃料サーチャージが付加されなくなる
これは凄くうれしい 当初見積もりを出して貰っていた金額より、@16,000(2人分:32,000)円も安くなった


と同時にゴルフバックの運び方を考えた。

ノースウェスト航空
チェックイン可能な荷物は1人につき2個まで(1個の重さは23kgまで)
この中にゴルフバックを加味する事ができるけれど、多分、普通の荷物だけで軽く2個ぐらいいきそうなので、
ゴルフバックは3個目の荷物とする。となると、$150かかる。

ヤマト
航空便:25,000円
船便:引越しの荷物の一部として出せるので、加算料金はなし。その分、普通の荷物を入れるスペースがなくなる。

という事で、
自宅~成田空港 : ゴルフ宅急便
成田~現地    : 自分の身体と一緒に航空機で運ぶ

で決めようかなぁ、と思う。


今日は、圧縮袋を楽天でオーダーした。
トレーナー、パジャマ、セーター等、シワになってもOKな物を入れる予定。


いちお今回の留学にあたり、彼の休業が認められ、渡米中もお給料は支払われるけれど、
大学に納める学費、渡航費、引っ越し代は、相変わらず自費なので、頑張って節約をしようと思う。

生命保険

7月下旬の渡米まで1カ月ちょっと。
まだビザ申請も不可能な為に、イマイチやる気が起こらず。
DS-2019が来たら、猛ダッシュしてビザ申請して、そこで一気にエンジンがかかる感じかな。

そんな中、今出来る事を少しでも・・・と思い、いくつか動いた。



NHKに転居の連絡
(6・7月分の受信料はクレジットカードで引き落とし済。7月分は支払い義務がないので、後に1カ月分の1,350円が銀行口座に返金される。銀行口座を伝え済)

オンデマンドTV解約(~6月末)連絡→契約終了後、ケーブル・リモコン・機械を着払いで送る
(いつもFOX・ゴルフネットワーク・スカイAなどを観ていた)

クレジットカードの新カードを前倒しで受け取る
(2009年9月で有効期限切れになるカード。新カードはアメリカまで送付不可能により今回、6月に送って貰った)

ゆうちょ銀行のインターネットバンキング申し込み
(アメリカに行くと通帳ベースで管理できないので、ネット上で管理していく)


今回、渡米に合わせて、生命保険加入も検討中。
今まで、私1人しか入っていなかった(¥2,126/月)から、やっちゃん(夫)の分も入らないと、と本腰入れて探し始めた。

・・・・でも!!!なんだかいろいろ種類があり過ぎてヤヤコシイ。
海外保険には別に入って行くから、それも考慮して、あまり月々の掛け金が高いのになっても、ばからしいし・・・・
<1年4か月前のノーザン・イリノイ大学での乱射事件もあった事だし、海外保険は手厚いタイプのに入ろうと思う>

とりあえず、県民共済のに加入しようかな、と今のところ考えている。
ただし、病気による死亡時の保険金が、800万円ぐらいしかないから、どうしようかなぁ。
その点、民間の普通の生命保険は死亡時の保険金額等、高く設定しているものもある。
日〇連の団体定期保険に入る、という方法もあって、この場合、1千万の死亡保険金を受け取る為には、
¥1,366/月でいい。
でも、この団体定期保険の明治〇田生命の人の説明が良くなかったから、イマイチ入る気になれない。
私:質問をする質問以外の回答が返ってくる→また質問する→やはり同じ回答。
挙句の果ては「難しくてごめんなさいね~」と言われる始末。まるで私が頭悪いみたい

・・・・・ってなんだかんだ言っていたら・・・・

やっちゃんが一言

「大丈夫!まだ死なないから!!!」だって。

でもねぇ~。こればっかりは分からないからね~。

皆さんいくらぐらいの保険に入っているんだろう・・・・・

プラグイン

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

[07/01 Hiro]
[09/10 ナクペンダ]
[09/10 魔女]
[06/10 ナクペンダ]
[06/09 卒煙魂]

ブログ内検索

カウンター

アメリカ;シャンペーンの天気

シカゴから車で2時間半

FX NEWS


-外国為替-

アースマラソン応援バナー

クリックをお願いしますm(_ _)m

鹿児島の天気