忍者ブログ

田舎暮らし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニューオリンズ番外編&オーガニック食材

今回、宿泊させて貰ったお宅を紹介♪
6月に引越しが決まり、現在、売りに出しているキレイなお宅です。

225.JPG




























fe59fb5f.jpeg




 





146c1903.jpeg



















築5年未満のキレイな家です。
ご興味のある方は、”Coldwell  Banker”のサイトで、 city :”Metairie” と入れて検察してみて下さい。


友達宅近くにはオーガニック食材がたくさん販売されてあるスーパーもあって羨ましかった

Wholefeeds.jpg




















私の住むChampaignにはこのお店は存在せず・・・・
1番近い店舗は車で2時間以上の所

という事でひたすらオーガニックの食材を求め、日々、奮闘

Organic.jpg










 

 







今回は見つけれたけど、いつも、オーガニックトマトが探せず、苦労している・・・・

日本でオーガニックというと、通常の値段よりも、はるかに高い、というイメージがあるけれど
アメリカではそこまで高くなく(アボガドとかは3~4倍したりするけれど)、比較的、求めやすいと思う。


 

PR

ニューオリンズ&メンフィス旅行まとめ

<★1/11の続き>

エルビスプレスリーの豪邸;Graceland を昼前に出て、いよいよイリノイへ向かう。

3時間近く走ると、イリノイ州に入る。この橋の途中からイリノイ州になる。
20421a22.jpeg















イリノイ州ということは・・・・制限速度が時速65マイル(約105km)になるので、再度、ポリスに警戒しながらの運転(それまでは70マイル:約113km)。

7d2f55f8.jpeg





















ガスを入れる為に一旦、ハイウェイを下りる。

f61c39fc.jpeg


















に覆われた世界・・・・いやおう無しにココがイリノイというのを痛感する・・・・

18時半頃、無事にシャンペーンに到着!!
帰りはポリスに捕まることなく(行きは捕まった)、平和なドライブだった。


旅行のまとめ

☆緯度を調べてみると・・・・

 Champaign(シャンペーン)    の緯度:40.11  =  秋田市
 New Orleans(ニューオリンズ)の緯度:29.57  =  諏訪瀬島(屋久島と奄美大島の中間)
                                     
                           ただ、諏訪瀬島はマイナス2℃には決してならないと思うけど・・・・・

☆走行距離
 シャンペーン→メンフィス→ニューオリンズ  片道約1,300km。
 
 ニューオリンズのSUZUKIでディーラーで2回目の オイルチェンジをする。


☆出張費(勿論、今回も自腹)

ホテル代(5泊) $287
ガス代 $160
食費 $380
観光etc $137
 合計              $964

*会議参加費* $475 (これが1番高い!


総合計:$1,439


日本と違って、高速道路料金がかからないのが助かっている。
その分、高速道路なのに、ソファやら、バーストしたタイヤやら、いろんな物が落ちてたりはするけれど・・・・


毎月、どこかへ出張に行っているけれど、2月は無し。
その代わり、3月が忙しいので、そろそろ少しずつ帰国の事も調べたりしていかねば

Graceland(エルビスプレスリーの豪邸)

★1/11(Mon) マイナス3℃

今日も寒く風が痛い。
そんな中、エルビス・プレスリーの大豪邸Graceland(グレイスランド)へ行った。
10時からOPENなので9:45には到着。

1月の月曜日というのに、既に人がたくさんいた。ココでエルビスの凄さというのを感じる。

ツアーは3種類あったけれど、私達は時間があまりないのもあって、豪邸だけのツアーにした。
それでも@$30。ちなみにパーキング$10もした。高い!!車がないと行けない所なのに$10もとるなんて!
(アメリカは街中にあるこういった施設は駐車代がかかるけど、郊外になると無料が多く、かかったとしても$5とか安い)

あとから判明したのが・・・・

c945f7df.jpeg
 


















お土産屋がある場所なので、フラッと行って駐車できる。


入場料を払うと、道を挟んで向かいにある豪邸へ専用のバスに乗って行く。
バスを待っている間に、このオーディオを渡される。

9f298848.jpeg これは日本語にも対応しているので、係りの人に言うと日本語に設定してくれる。 ab652d95.jpeg

←バス待ち中にココで記念撮影を撮られる。
勿論・・後でしっかり販売される
 (購入はしませんでした)






いよいよ豪邸到着!!

055bfe9d.jpeg





















5d71a8ab.jpeg



















2Fはエルビスのプライベイトルームという事で、今も公開はされていない。

de647bbc.jpeg
























ビリヤードまで!

0f24ccc7.jpeg




















別棟では、輝かしい功績を展示していた。

きらびやか~

c05cae43.jpeg





























62eb6415.jpegc59fe4d3.jpeg
















ライブ映像もずっと流れていた

b2bf548c.jpeg





















4a6dbc8e.jpeg


















これらの衣装を着こなせるのは彼以外にいないかも~

17898227.jpeg





















そしてエルビスは両親と共にココに眠っている
4f5b3817.jpeg



















 こんなにいろんな物がキレイに飾ってあるなんて、ビックリ!

2afc8fdf.jpeg






















28eed42f.jpegプリンスエドワード島の”赤毛のアン”の作家;モンゴメリのお墓は地味だったなぁ・・・
とかどうでもいい事を思い出す。

噴水も凍るほどの寒さ
1f4dad51.jpeg















正直、行く前までは「とりあえず行っておこう」という感覚だったけれど、実際に行ってみれば・・・・

行って良かった  と思った。


私の母がエルビスのファンで、テープやらCDやら持っているけれど、どうして好きだったのか、
このグレイスランドに行って、彼の魅力が分かったような気がする。

2人で合計$70もかかった観光は初めてだったけど、行く価値は大アリのGraceland だった。




メンフィス到着

<★1/10の続き>

イリノイに向け、11時過ぎにニューオリンズを出発し、ひたすら北上する。


より大きな地図で 1/10の移動 を表示


行きは南方向に向かっていた為、逆光になって写真がうまく撮れなかったけど、帰りは北方向なので、写真が撮れる♪

lake pontchartrain causeway

d1e9c624.jpeg






















1時間走ったところでランチタイム♪

436a25f8.jpeg



















1.10china.jpg




















合計:$23。
中華はとりあえず、ハズレが殆どないから安心して食べれる♪

これからひたすら走ること5時間弱

林の中を抜けていくと、Memphis(メンフィス)。
シャンペーンではなぜかを見かけない。周りは枯れたコーン畑のみ。だから緑は新鮮
d3f366c5.jpeg





















17時半頃、メンフィスに着き、夫がTVで見て行きたがっていたリブが美味しいお店、Marlowes Ribs and Restaurant へ行く。

メンフィスといえば・・・エルビスプレスリーが育った場所。
店内にはプレスリーがたくさん♪   プレスリーのグッズがたくさん販売されていた。

9a9f8968.jpeg1.10kannsei.jpg




























チリスープ、リブサラダ、リブ。

1.10Memphis.jpg









合計:$34。

その後ホテルへ行き、早めに就寝。

ホテルはHoliday Inn Select 。いちお2ツ星のホテルだったけど・・・
朝食無し、部屋のエアコンがゴォ~と大きな音が鳴るし、コーヒーメーカーも汚れているし・・・・
で、よくありませんでした。
2ツ星半1ツ星半に降格するべき、と感じたほど。

それまで泊まっていたホテルは2ツ星だったけど、良かった・・・・
星の数はあまり参考にならないなぁ。


ニューオリンズ最終日 ~大豪邸めぐり~

★1/10(Sun)  マイナス2℃

冷え込みがキツイ中、夫は朝だけ会議出席する為、お世話になった友達宅をあとにしてヒルトンまで送る。

日曜日の朝8時半なので行く所が限られ、しかも11時には夫をピックアップしなければいけないので
南部一の高級住宅地セントチャールズ通り(St. Charles Avenue)へ。


8km続くストリートカー3e52e8e3.jpeg











石造りの家。

794ebcb4.jpeg



















この家の右側に周ってみると、”Sale”の文字が
c79d4c67.jpeg




















不動産のホームページで確認すると、$6,000,000

$1=95円  で計算すると・・・・・・・・5億7千万円!!!!!

こんだけの大豪邸を維持するだけのお金もかかるので、よっぽどのお金持ちでないと購入できないよねぇ。


ウエディングケーキの家

5cbaf5d5.jpeg




















もっと形が分かるように右サイドから撮影すればよかったんだけど、なんせ、顔を突き刺してくるような風で、寒くて寒くて・・・
アングルを考えている間に、手もかじかんで(手袋もしているのに)感覚がなくなっていく中、ココまでが精一杯

ビクトリアン調の家もチラホラあった。
d192c207.jpeg




















ガイドブックに載っていないこのビクトリアンハウスが1番好きかも
Custom Pools と看板があるので、会社みたいだけど、こんなカワイイ建物がオフィスだなんて素敵


本当は”風と共に去りぬ”のスカーレットの実家;タラの家を再現した家に行くはずが・・・・
間違って違う家を、タラの家を思った私。目の前は通ったんだろうけど、どれがタラの家か分からずじまいになってしまいました。

タラハウスの住所:5705 St. Charles Ave.
  この住所を知ったのは2日後でした


その後、sucre というお菓子屋さんへ。
bc38b583.jpeg










お目当ての品は・・・!!!

382.JPG















箱もむっちゃキュート
887a07bc.jpeg










久々に食べるマカロン、美味しかった!




より大きな地図で ニューオリンズの豪邸 を表示


左から: ウエディングケーキの家、タラの家、石造りの家、SUCRE(お菓子屋)


11時に夫をピックアップし、いよいよイリノイへ向けて出発!!


ニューオリンズ4日目 ~ろう人形館~

★1/9(Sat) 2℃

夫は15時から会議参加の為、朝はゆっくりとホテルで過ごせた。
旅行5日目のこの日はそろそろダラダラしたくなるタイミングで、ゆっくりできてちょうど良かった

3泊したホテルはこちら

143.JPG



















値段の割りにキレイでスタッフの人も優しくていいホテルだった!


11時半頃、友達宅に寄って一緒にカフェに行く。
日本っぽいケーキもあるお洒落なお店だった。

Cake.JPG




















左:夫     右:私。

e2aa996c.jpeg











その後、私達はフレンチクオーターに行き、Wax  Museum(ろう人形博物館)へ。$7

1.9WAX.jpg



























館内に入ると・・・ダウンジャケットを着て、頭から顔にかけてマフラーをぐるぐる巻いた受付嬢2人がいた。
・・・・確かに館内は寒かった。お客さんは私達の他に1組だけだったし、きっと暖房もつけれないぐらい、経営悪化しているのねぇ・・・

だからか、館内はフラッシュもOKだった

この博物館は、17世紀末フランス政府が植民地化を始めた以降のニューオリンズとルイジアナの歴史を再現してある。

ナポレオンの入浴。

d8b2b1fd.jpeg




















なんだかよく分からないけれど恐い

47d9b4d9.jpeg




















f903b10f.jpeg



















リンチされている

179.JPG




















これらの事が全て実際にあった事だなんて・・・・・歴史について学ばなければいけない気がしてきた。


41da3094.jpeg




















なにがなんだかよく分からないけど恐い!

3e6aecb7.jpeg



















それぞれ説明が書いてあるのだけど、館内は暗くて寒いので、字を読む気になれず。



夜は友達の豪邸でご馳走になる。
c450885a.jpeg



















全て無農薬野菜!
お肉も美味しかった~

そしてこの日だけは友達宅にお泊りさせて頂いた。寝心地のいいベッドと、広いバスルーム♪  何から何までお世話になり、感謝、感激

ニューオリンズ3日目  ~フレンチクオーター~

★1/8(Fri) ニューオリンズにいる事を疑うような気温(0℃前後) *ニューオリンズの冬の平均気温は15℃前後*

夫はAMは会議出席。PMからは一緒にランチを食べに行った。
フレンチクオーター内(ニューオリンズの観光中心地)は路上駐車がどこも大体、埋まっている事が多く、
駐車探しが大変そうだったので、事前に友達から聞いたCanal Place の立体駐車場に駐車
1Fのインフォメーションデスク?で、Validateをしてもらったので、$5で済んだ。

NOLA

f8b7f756.jpeg










オーナーの Emeril Lagasse(エマリル・ラガッシ)は、アメリカの人気料理マガジン「フード&ワイン」でトップ25にも選ばれたこともある料理の鉄人。
フードネットワークでも毎日、観ている。

emeril.jpg














いつも見ている番組の一コマ。観客の笑いを取りながら料理を作る)

期待半分、不安半分で、今回行ってみた。

私がオーダーしたのは
ed250d0b.jpeg


















海老がプリプリしていて美味しかった!
味付けも「若干、濃いかな?!」位で、フツーに美味しかった。
(アメリカで”普通に美味しい”というレベルにありつけるのは、なかなか難しい


夫はこちら

8faac3b5.jpeg


















料理が運ばれてきて、すぐに食べようとしたので、高く積み上げられたオニオンリングが崩れてしまっているけれど、
この下にはサーモンが隠れていて、ちょっとスパイシーだったけど、非常に美味しかった。

どちらの料理も@$18。TAXとチップ(15%)を入れて$45を支払った。
あ、勿論、パンは自動的に出てくるので、十分、お腹一杯になった。この値段は大納得!!!

エマリルは裏切らなかった


強風でとにかく寒く、ココはイリノイ?!と一瞬、思ってしまうぐらいの中、散策。

French Market(フレンチマーケット)
be14779e.jpeg


















マーケット内


1.8fRENCH1.jpg


















ココでマルディグラのマグネット($1)を買う。
このマーケットで販売されている物は大体、普通のお土産屋でも販売されているけど、マーケット内で買う方が断然、値段が安いと感じた。


スペイン風の建物がたくさん残っている

ab74af9e.jpeg

















お金を入れると動いてくれる大道芸人。

93cbc2f3.jpeg




















ジャクソン広場
1.8Church1.jpg



















↑ のセントルイス教会の中に入ってみる

1.8cHURCH.jpg


























現存する大聖堂としては、アメリカ最古。
ステンドグラスが美しかった。


ヤシの木が沖縄やハワイを思い出させる♪ (気温的には程遠いけど

3b7d857b.jpeg




















夜は軽めにサッパリとした食事がよくて、PHO(フォー)を食べに行く。
ホテルから車で10分もかからなかった。

4ef9898f.jpeg









トロントにいた時にたまに食べていたフォー。懐かしい味だった。$20。ココはチップもいらないので嬉しい


あまりの冷たい風に、顔の皮膚が切れるじゃないか、と感じるくらいだった日だけど大満足だった



~余談~
この日からパソコンが完全に使えなくなった。
理由は・・・7日に夫がヒルトンホテルロビーにパソコンのコード(バッテリー先~プラグの部分まで)を落としてしまったから。
7日夜、パソコンを使おうとバッグからだしたら、バッテリーはあるものの、そこから先が無いので気づく。
翌日の8日も引き続きヒルトンで会議の為、早めに会場に行き、ロスト&ファウンド(落し物デスク?)へ行き、
コードを落とした説明をすると、全くもってヒドイ対応。「そんなもの知るわけないじゃん」「見つかんないよ」位の勢い
勿論、もし見つかった場合の為に夫の連絡先を訊ねたりする・・・・なんて事はなかった。
天下のヒルトンが・・・・・。これには本当にガッカリ&ショックだった。
宿泊した普通のホテルの方が断然、親切で礼儀正しい対応だった(宿泊費はヒルトンの1/3)


ニューオリンズ2日目~マルディグラワールド~

★1/7(Thu) マイナス2℃

5時起床。6時に、コンチネンタルブレックファースト(火を通さない料理を中心とした朝食)を食べる。
ホテルはニューオリンズ空港近くの、Fairfield Inn&Suites By Marriott。3泊で$165(TAX込)。

コンチネンタルスタイルでも、しっかりとした内容。
パンの種類も豊富だし、この他にもヨーグルトや、ドライフルーツもあった
hotel.jpg




















7:20ホテルを出発して、友達の家へ。
ここで車を置かせてもらって、夫をダウンタウンのヒルトンへ送りに行き、私達はフレンチクオーター内でお茶
それからマルディグラワールドMardi Gras World) へ行った。
ココはマルディグラのフロート(山車)を製作している工房。


マルディグラ(Mardi gras)☆
西方キリスト教における四旬節の前に行われる祝賀の事。
今では宗教色はなくなり、パレードが中心のお祭り。世界主要カーニバルの1つ。
世界各地で行われているが、ニューオリンズのマルディグラは有名。

マルディグラワールド入場料:$18、駐車代:$5。

以前はミシシッピ川を渡った、アルジェ(Aldiers)という町にあったので、キャナルストリーフェリー
乗る必要(行きは無料、帰りは$1)があったが、今はニューオリンズ側移転したので、船で渡る必要がない
・・・・でも、その分、駐車代がかかるようになったみたい

c248efba.jpeg




















友達の子供(4歳)と一緒に

2112a875.jpeg




























ガイドツアーが始まる前に、マルディグラの歴史が分かるビデオを見て、このキングケーキとコーヒーをもらう。
ブリオッシュパンの上に甘い砂糖がかかっているケーキ。

3599d6cc.jpeg














マルディグラの伝統的な3色の紫(正義)緑(信頼)金(力)の中の緑色が使われていた。


かぶり物があったのでかぶってみた。

5d199e8c.jpeg





















いよいよ工房の中の見学スタート。

皆さん、真剣に作業中・・・・工房の中はなぜか冷房か何か入っていて(この日はたしか10℃近くまで気温があった)、とても寒かった


e0967aaa.jpeg




















3b63de83.jpeg



















なにかの撮影がされていた。寒そう・・・

94a5b562.jpeg





















途中まで色が塗られている山車。

946444d2.jpeg
























1aa95e50.jpeg





















マリリンモンローも巨大

392d7bb0.jpeg




















横に並ぶとこんな感じ

Yumi6.jpg





























先ほどのモデルの人に新たに男性2人が参加

13f3ec89.jpeg




















この寒い中、全裸かと思い一瞬、ビックリ


カエルも塗りかけかな?!

241143d2.jpeg
























gojira.jpg





























必ず顔を入れて写真が撮りたくなる、3?歳の私・・・・・

Yumi5.JPG





























ちょっと恐いウサギ・・

c8a91725.jpeg






















オズの魔法使い
a9e138be.jpeg





















ハンバーガーといえば・・とある方をどうしても、思い出す・・・

a9147e9f.jpeg























d2bea1e8.jpeg



















ガイドさんの話は殆ど聞かず、写真をとりまくった。
ツアー後は自由に見学可能なので、工房の中をゆっくり散策できてよかった。

見所たくさんのマルディグラワールドだった!!

今年は2月16日に開催されるマルディグラのカーニバル、観れなくて残念だけど、この工房だと、ゆっくり間近で山車が見れるので満足できる


その後のランチは、前日の分厚いフライを打ち消すかのように日本食♪

Lunch.jpg









普通にあっさり食べれて美味しかった☆  ありがとう


ニューオリンズ到着

★1/6(Wed)

今日はMemphis(メンフィス)からNew Orleans(ニューオリンズ)まで6時間かけて無事に到着した。

10時前:メンフィス出発。マイナス8℃。

10:50:ミシシッピ州に入る
mishishipi.jpg


















11時半:Winona でガスを入れる

gS.jpg


















TACO BELLを見つけたので早目のランチ

tako.jpg









このソフトタコスが意外に美味しい


15:20:ここまで来ると、イリノイとは完全に景色が違う。

shoka.jpg



















16時:ついにルイジアナ州に入る!!

8f0099e7.jpeg



















立派な建物のビジターセンター  中は無料コーヒーサービスまで!

afecddd7.jpeg


















ここまで来るとかなり暖かい プラス7℃くらい。

16時半:ホテルに無事到着。
今日から3泊お世話になる部屋はこちら

heya.jpg

















冷蔵庫はないけれど、広いし、スタッフの人も優しくていい感じ♪

プールや、ジムもついていて、コンチネンタルブレックファースト付、3泊で$165
今回も、やっぱりPriceline で予約


夜はACME というオイスターレストランで食事。

7367604e.jpeg

















オイスター$10。

Oyster.jpg




















カニ、白身魚(なまず)、エビ、オイスター等が入った揚げ物MIX(こんな名前ではなかったけど)$41

993227a9.jpeg




















衣の部分が凄く厚く、しかも衣の味自体もとても濃い。  すぐに胸やけ状態に・・・・・

勿論、食べきれず・・・・というか、完全に選択ミスでした・・・  チップ入れてTOTAL:$71
ま~こういう日もあるよねぇ。アメリカで初めて食べたオイスターだから、メニューみてもさっぱり分からなかったし
ウエイトレスの人の英語もいつも以上に苦戦した


今日の6時間のハイウェイは山の中を通ってきた、という感じだった。
アップダウンがけっこうあったし、緑を見る事ができた。イリノイはとにかくフラットなので、凄く新鮮だった。


明日はホテルを7時過ぎにでなければならないので、今日は早く寝なければ・・・・

ニューオリンズへ向けて出発

★1/5(Tue)

いよいよ6泊7日のニューオリンズ出張旅行へ出発する。

今朝も玄関ドアのわずかな隙間に氷がはり、力いっぱいドアを引いてやっと開く。
出発前恒例の、車の氷除去後、車に乗り込み、エンジンをつけてほんの何分かいるだけで(氷を除去しても、まだ視界が不十分なので待たなきゃいけない)、
私達の吐く息がフロントガラスの内側に凍ってしまい、今度は車内の氷を取り除くはめに・・・・
う~ん・・・冬のイリノイは大変過ぎ・・・

そんなこんなで、夫の運転で10時前に出発!!
ニューオリンズまでは1,300km あるので、ちょうど中間地点にあるメンフィスで1泊する。


より大きな地図で ニューオリンズ旅行 を表示


f71b2c67.jpeg






















大雪が降ったのはたしか年末だったのに、最高気温がマイナス10℃以下の日々なので、溶けません。


1時間しか走っていないけど、早速レストエリアで休憩。

1624709d.jpeg



















ここまでは、まだ順調でした・・・(ココからは私が運転する)

このハイウェイ57は、2車線しかなく、交通量も少ない。
となると、必然的にポリスがたくさん、潜んでいる事が考えられる為、慎重に運転していた。

案の定、右側路肩に停車しているポリスカーを見つける
制限速度:65マイルのまま、真横を通過・・・・・
その後、このポリスカーが私達の車を追ってきて、フラッシングする(=停車しなさい、という合図)。

・・・・・え?!制限速度なのに?どうして?!?!

と焦りながら、右側の路肩に停車。

もう、私は半ばパニックなので、いつも以上に、ポリスのおっちゃんの言っている事が理解できず

もう1度繰り返し言ってもらってやっと理解。
そうです。パトカーや、救急車等、路肩に車が止まっている時は、ちゃんと左車線に寄って走行しないといけないのです。
つまり真横を通過してはいけない、と。

そんなん知りませんでした・・・・イリノイの交通ルールブックにも書いてなかったような・・・
見落としているだけ?! それとも、書かなくても、常識的な事なの?!

私の国際免許証を提示して、車の所有者という事でやっちゃん(夫)のイリノイ州の運免許証も提示して、車の保険も提示して・・・・
その後、そのポリスは自分の車に戻って行き、なにやら書類を書いて私達の所に持ってきた。

WARNING(警告)のチケットでした。

”違反金も何も生じないけれど、これからは必ず、左側によけて走行するように!!”とのキツイお言葉。

そして私に、”一時滞在者用免許証を取った方が、いいよ”と。
それは分かっているのだけど・・・・国際免許での運転は違法ではないのでOKと領事館の人も言ってたし・・・

それにしても・・・警告で良かった・・・・・



そんなハプニングもあり、着いたのは17時。なんとか薄暗い時間帯にたどり着けて良かった!

リブが美味しいレストランを調べていたので、ダウンタウンまでハイウェイにわざわざ乗って向かうも、
13日まで冬休み、との張り紙。

結局、ホテル近くに戻ってきて、GPS(ナビ)で調べて行ったのはこのお店


775fa8bb.jpeg





















テイクアウト専門のBBQのお店。

379f9932.jpeg


















なんとかリブにありつけた

今回はホテルの部屋も広いので、部屋でゆっくり食べれて良かったかも。

味は、むっちゃ濃くて、凄かった^^;  なのに、別にソースがついていた(右下のカップに入っているのが別ソース)


ちなみに今回は、Best Western Executive Inn に宿泊。 $67(TAX込)

026503c6.jpeg


















レンジ、冷蔵庫、と揃っているし、コンチネンタルブレックファースト付なので、お得♪

今日は650km走行した。これは京都~鹿児島くらいの距離に相当する。

メンフィスはプラス2℃  シャンペーンより、一気に20℃も高い所に来たことになる♪
といっても2℃だからそこまで大喜びではないけれど、でも嬉しい


明日は何もトラブルなく、ニューオリンズに着けますように・・・・☆



プラグイン

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

[07/01 Hiro]
[09/10 ナクペンダ]
[09/10 魔女]
[06/10 ナクペンダ]
[06/09 卒煙魂]

ブログ内検索

カウンター

アメリカ;シャンペーンの天気

シカゴから車で2時間半

FX NEWS


-外国為替-

アースマラソン応援バナー

クリックをお願いしますm(_ _)m

鹿児島の天気