忍者ブログ

田舎暮らし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

健康被害をおよぼす桜島の灰

鹿児島に来て1年5ヶ月。
前から鼻炎持ちで、特に季節の変わり目や冬は鼻が絶不調だったけれども、鹿児島に来て、あることに気づいた。
鼻づまりによって、夜眠れない回数が明らかに増えた

年齢と共に、重症になっているんだろうな、オペでもしようかな、と思って、半年前には市内の耳鼻科にオペの本格的な話を聞きに行ったりした。

結局、”オペをしても、アレルギー鼻炎自体が治るわけではない、くしゃみ等は出る”、みたいな感じで言われて、入院までしてオペしても、あまり効果がないのならば・・・・と踏み切れずにいた。市内の病院でしかやっていないし。

そんなこんなで春になり、11日(Sat)に垂水カントリークラブへ行った時のこと。
最近、連日降灰が凄くて、それまで2,3日もの間、市内に向いていた風向きがちょうど、この日に限って大隅半島に変わった日だった。コースのカート道は灰で白っぽくなっているし、フェアウェイ中をカートで通るときも砂埃みたいなのが立つほど。

その日の夜・・・極度の鼻づまりで、殆ど眠れず。鼻から全く息ができなくて、口全開で寝ようとした。でも、鼻づまりが喉の奥まで来ている感じがして、苦しくて、鼻を取ってしまいたいぐらい、シンドイ。夜中3時位には、もう気が狂いそうになって、叫びたくなった。横でスヤスヤ可愛く寝ているやっちゃんをタタキ起こしたくなるぐらい。

結局、やっと寝付けた、と思っては、1時間置きに必ず目が覚め、寝ても夢ばかりみて、朝には疲れていた。

この日は北海道に行く日で、鹿児島空港までの車中でやっちゃんに鼻がどんだけ苦しかったか、力説すると、やっちゃんも「そういえば今朝からずっと鼻がグスグスするんだよね。気持ち悪いの」と・・・・・そこで2人共、気づいた!!
 「灰だ!!!!!!」

結論:鼻炎の人は鹿児島には住めません。

これから、降灰がヒドイ時には、極力外を歩かず、最悪、マスクをして、鼻をガードしよう、と心に固く誓ったのでした。
そして、ゴルフの時は風向きを調べて行くゴルフコースを考えないと。
今までの1年5ヶ月もの間のこの、鼻絶不調の原因がクリアーになった日だった。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

プラグイン

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新CM

[07/01 Hiro]
[09/10 ナクペンダ]
[09/10 魔女]
[06/10 ナクペンダ]
[06/09 卒煙魂]

ブログ内検索

カウンター

アメリカ;シャンペーンの天気

シカゴから車で2時間半

FX NEWS


-外国為替-

アースマラソン応援バナー

クリックをお願いしますm(_ _)m

鹿児島の天気